出会い


給料日前日の夜(次の日は休み)、俺の財布は淋しかった

明日は何しようか、何食べようか。
そんな事を考えてると煙草を切らしてしまった。

財布の中には50円玉が数枚と大漁の10円玉。
買えることには買えるけどコレをコンビニで出すのは恥ずかしい。

そう思った俺は急いで着替え家から5分の所にある煙草の自販機へ向かった。
当時吸ってたLARKのBLACKLABELは自販機でも買えるしま、いいや理論。

そこそこ寒い中自転車に跨がり走らせる。
自販機は俺を待っててくれた。俺の求めるLARKもそこにあった。
一先ずは安堵し自販機に小銭を入れる。
まずは50円を二枚。
そして大漁の10円玉を1枚、2枚とまるでハマリ中の如く次々と突っ込んでいく。
投入枚数が20枚を超え残り僅かとなった時、嫌な予感が俺を過った。
21枚、22枚と入れていく。

これは問題無いな と安心したのも束の間
止まった。25枚目で。
自販機の調子が悪いとか硬貨の厚さが違うとかじゃない。
拒否してるんだ、26枚目を。
俺は悲しみを胸に秘め返却レバーを叩く。
大漁に落ちてくる10円玉を見て更に虚しくなる。

しかし俺は諦めない。
もしかしたらこの自販機が悪いだけなんじゃないかと。
そこからさらに10分の所にある自販機へ。

やはり駄目。25枚より先へは行けない。
もう半ば諦め。でもどうしても欲しいので腹を括りコンビニへ。

しかしそこにBLACKLABELの姿はない。
無かったら諦めようと思ってたが俺の目には違うものが映ってた。

SevenstarsのREAL SMOKEだ。
洗練されたパッケージにかっこいいキャッチコピー
俺にはこれしかねえ、俺にはコイツしか居ねえ。
そう思ったあらまきは店員のオバちゃんに
あの煙草下さい!10円玉ばっかですけど!
と疲れきった声で言い切った。

そしてコイツと俺は今でも切れないでいる。




スカした感じで書いたけどただアホで浮気症なだけだからな
スポンサーサイト
[ 2015/01/12 07:52 ] Diary | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://akisavir.blog50.fc2.com/tb.php/169-0242b2fd